• 予告編
  • 監督プロフィール
  • 監督プロフィール

『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル〜最期に死ぬ時。』は、認知症の母との自宅介護生活が9年目を迎え、「ケアの終わり」と「母の死」を意識しはじめた関口監督が、国内外の医療、ケア施設を訪れ、緩和ケアや安楽死、自死幇助など、多様な死のあり方を考察するドキュメンタリー映画です。

超高齢・多死社会を迎える日本で、誰もが避けて通れない「死」を真正面から問いかける本作を、【親子、パートナーでご一緒】に、また【医療、福祉、介護の現場で働いていらっしゃる方々】に見ていただきたいと思っています。

そこで、【親、子、パートナーと一緒にご参加いただける方】と【医療・福祉・介護関係者の皆様】を対象とした特別試写会を実施いたします。これから映画の公開を進めていく上で、皆様のご感想やご意見を参考にさせていただければと考えております。映画をご覧いただき、皆さまの「死」についてのご経験、お考えをお聞かせいただければ嬉しいです。

<試写会概要/要事前申込>
【日程】
3/19(月)上映開始19:00〜 ※終了しました
3/25(日)上映開始13:30〜 ※定員に達したため、申込を締め切りました。
3/29(木)上映開始19:00〜 ※定員に達したため、申込を締め切りました。
(残席数:3/20(火)13時現在)

【会場】
シネマハウス大塚(東京都豊島区巣鴨4-7-4-101)
JR山手線「大塚駅」北口から徒歩7分/折戸通り 都立文京高校正門前
地図はこちら
 
【対象者】
・親、子、パートナーと一緒にご参加いただける方
(必ずお二人でご参加下さい。友人、知人とのご参加はご遠慮ください。)

・医療・福祉・介護関係(学生含む)の方
(お申込みの際、必ずご所属をご記入の上、当日はお名刺をご持参ください。)

【上映時間】
72分

【申込方法】
※試写会申込を締め切りました。たくさんのお申込みをありがとうございました。

ご不明な点は下記までお気軽にお問合せください。
 
<「毎アル」友の会>事務局
E-mail:maiaru@regard-films.com
Tel 090-6187-7110/Fax 03-6730-9652